Subscribe / Share

Toggle

column

『99人の壁』森昌子がジャンル「森昌子」で100万円! 実は何度もピンチがあった

『99人の壁』森昌子がジャンル「森昌子」で100万円! 実は何度もピンチがあった

フジテレビ公式twitter(@fujitv)より

早押しボタンを前に「CMでは得意なんですが……」と言う高橋英樹に、「越後製菓!」と叫ぶMC佐藤二朗。6月22日放送の『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』2時間SPは、高橋英樹と森昌子という2人の大御所がスペシャルワンマッチに登場した。

“天空の城”をめぐる「年の差66歳」の攻防

高橋英樹が指定したジャンルは「日本の城」。城巡りが趣味で、仕事でも「(彦根城で)何人斬ったか分かりません」という、公私ともに城に縁がある高橋英樹。南の壁には、かつてジャンル「日本100名城」で最終問題まで進んだ栗原響大くんがおり、年の差66歳の城ジャンル対決にも注目が集まった。3rdステージまで危なげなく進み、迎えた4thステージは早押し問題。

「作家の司馬遼太郎はその雰囲気をカンボジアのアンコールワットに例え、最近ではラピュタの世/」

ここでジャンル「メロン」の山口めろんがブロック。「竹田城」の解答に一同(やられた)という表情を見せるが、判定は誤答。兵庫県にある竹田城は雲海に浮かぶ城として有名であり、まさに“天空の城”でもあるのだが、違うのだ。問題は「ラピュタの世界のようだと人気の奈良県にある山城はどこ?」と続く。正解は「高取城」。栗原くんが見事にブロックを決めた。

前回から導入された「ファイナルステージ」に進んだのは、「ラーメン」「漢字の書き順」、そして森昌子本人による「森昌子」。

ジャンル「ラーメン」の小林孝充は、『TVチャンピオン』(テレビ東京系)で2度「ラーメン王」になり、歴代ラーメン王との決戦も征した「ラーメン大王」。緊張で迎えたファイナルステージだが、「湯切り」「モミジ」と比較的難易度の低い問題に足元をすくわれてしまう。ジャンルに精通するほど他の選択肢が浮かんでしまい、勝負に出たブロッカーに押し負ける。『99人の壁』の難しさがここにある。

ジャンル「漢字の書き順」で出題された問題のバリエーションにも注目したい。「何画目かを答えるサドンデス」「縦棒を1画目に書く漢字を選ぶドボンクイズ」「書き順が合ってる/合ってないの2択」「早押し書き順ビジュアルクイズ」と、漢字の書き順を題材にさまざまな形式のクイズが並んだ。ファイナルステージの3問目、書き順ビジュアルクイズの答えは「寿」。残念ながらブロックされてしまったが、もし正解すれば100万円獲得の「寿」が完成するという、粋な計らいであった。

関連記事:

史上初「ご本人ジャンル」のグランドスラム達成!

ファイナルステージの最後は、スペシャルワンマッチのゲストだった森昌子。ジャンルは「森昌子」である。過去にも「滝沢カレン」「長嶋一茂」「DA PUMP」など、自分自身をジャンルに選んだ挑戦者はいるが、未だグランドスラムを達成した者はいない。自分を客観的にとらえて問題に答えるのは、案外難しいのかもしれない。

途中、持ち歌の「立待岬」と「悲しみ本線日本海」を間違えるという天然ボケもあったが、森昌子は3rdステージまで突破。美空ひばりや仲間由紀恵のモノマネを披露して場を沸かせ、4thステージの早押しイントロクイズにも押し勝つ。迎えたファイナルステージ1問目。

「1973年にフジテレビで放送を開始した、森昌子がその初代優勝者である歌手や/」

ここでブロッカーが「君こそスターだ」「スター誕生」とオーディション番組を答え、双方とも誤答に。確かに森昌子は『スター誕生!』で初代グランドチャンピオンになっているが、『スター誕生!』は日本テレビ。『君こそスターだ!』は、1973年にフジテレビで放送を開始しているが、森昌子は初代優勝者ではない。完全に出題者の罠にかかった形である。

誤答により、壁2枚50人分の解答権がなくなったところで、森昌子が答える。正解はなんと「オールスターものまね王座決定戦」。さっき披露したモノマネは、昔から身を助けていた特技なのだった。

あと1問を取れば100万円。緊張の2問目。「森昌子と同じ1997年に堀越高校を/」で森昌子にランプが点灯する。実はここでボタンを押すのは早い。堀越高校の同級生には岩崎宏美、岡田奈々、池上季実子らがいるのだ。果たして森昌子の答えは……「岩崎宏美」。

たっぷり間を置いて、正解音が鳴る。問題は「〜を卒業した歌手で『聖母たちのララバイ」などのヒット曲で知られるのは誰?」と続いていた。勝負に打ち勝って、「ご本人ジャンル」で初めてのグランドスラム達成……!

「自分に関するクイズなら答えられて当然」と思われるかもしれない。だがこうして振り返ると、99人相手のイントロ早押しや、『スター誕生』に惑わされない落ち着き、最終問題の勝負強さと、いくつもの窮地をくぐり抜けているのが分かる。文句なし忖度なしのグランドスラムだろう。

次回放送は6月29日。スペシャルワンマッチはSexy Zoneの佐藤勝利。番組始まって以来初めて、ジャンル「ジャニーズ」の問題が出るのも見どころです。

『超逆境クイズバトル!! 99人の壁 今年引退の森昌子が奇跡を起こす!?2時間SP』(2019年6月22日放送:フジテレビ系列)
【解説】高橋英樹、高橋真麻、柴田英嗣
【SPワンマッチゲスト】高橋英樹「日本の城」、森昌子「森昌子」
【オンエアされた壁ジャンル】「果物」「漢字の書き順」「ラーメン」「星座」「焼肉」

【ライタープロフィール】
井上マサキ
路線図マニアでテレビっ子のライター。『99人の壁』でグランドスラム達成(ジャンル「路線図」)。著書に『たのしい路線図』。宮城県出身。二児の父。

Return Top