Subscribe / Share

Toggle

column

『99人の壁』ファイナルステージ導入! イントロが流れない「イントロ」クイズに震える

『99人の壁』ファイナルステージ導入! イントロが流れない「イントロ」クイズに震える

©フジテレビ

6月8日放送の『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』。この日は「大確変スペシャル」と題して新ルールを発表。これまでの「5問正解100万円」をくつがえす、「ファイナルステージ」が導入された。

緊張が15分間途切れない「ファイナルステージ」

この日、冒頭に登場したのはキャイ~ンの2人。つい先日の『水曜日のダウンタウン』で、ウド鈴木が「すいません」というたびに天野に電流が流れていたが、今回はそんなこともなく元気に佐藤二朗と「キャイ~ン!」を披露。挑戦ジャンルはウド鈴木による「松田聖子」で、難なく3問目まで突破する。

と、ここで新ルールの発表が。「これまで最後に押し負けてしまう挑戦者が多かった」として、最終問題を「三本勝負制」とすることが明かされた。最終問題の表記も「ファイナルステージ」と改められる。

このあと、ウド鈴木は4問目を正解し、ファイナルステージへ。ファイナルステージは「収録の最後に行う」として、キャイ~ンは一旦舞台裏で待機する。壁の参加者も「少女マンガ」「ポケットモンスター」の2名がファイナルステージまで到達するも、100万円に挑戦する最大の見せ場は番組終盤までお預けである。

99人を相手に3問中2問正解するのはこれまで以上に負担になるし、収録の最後ということはブロッカーも遠慮無く押しまくるはず。一体どうなるのか……と不安になりつつ迎えた20時35分。結論からいうと、ファイナルステージ、とても興奮した。

1問目から「立ち上がれ99人の壁!」のコールと共に全員が立ち上がり、チャレンジャーが早押しボタンに向き合う。途切れたと思われた緊張感が一気にMAXに触れ、3人分の挑戦が終わるまでこの張り詰めた空気がずっと続くのだ。見せ場を後半にまとめたことで、全く目の離せない15分になった。

さらに、ブロッカーへの牽制も考えられている。ブロッカーはブロック成功するとボーナス3万円だが、失敗すると所属する壁全員がその問題の解答権を失う。他の人にも影響が及ぶとなれば無茶はできないし、予想外のチャンスがチャレンジャーに転がり込むこともある。事実、「松田聖子」のファイナル3問目、誤答したブロッカーの壁では「80年代アイドル」の男性が巻き添えを食らう場面もあった。奇跡を生む余地がここにもある。

結局この日は100万円獲得者が現れなかった。100万円まで6問正解が必要となり、さらに険しい道のりになってしまったが、このファイナルステージを突破するチャレンジャーを早く見てみたい。

関連記事:

イントロが流れない「イントロ」クイズ!

伊集院光が「あの問題は素晴らしい」と感心した、ジャンル「略語」の第4問にも触れておきたい。

1問目はリモコンなど「コン」が付く略語、2問目は「軍手」「経済」など日常で目にする略語の正式名を答える問題。さらに3問目のババ抜きサドンデスを経て、出題された4問目がこれだった。

「早押し問題です。次のイントロを聴いてお答えください、というときの『イントロ』とは何という言葉の略?」

「次のイントロを聴いてお答えください」と始まったら、イントロクイズだと思って音楽が流れるだろうと身構えてしまう。その心理を逆手にとったトリッキーな問題……! 

解説席の伊集院光は「今の問題出たら絶対音楽待っちゃう」と、すぐに出題側の意図を解説し、「震えきたね」「オレいま寒気した」「恐ろしい問題考えるな」と大絶賛。「略語」の挑戦者本人も、イントロクイズと勘違いし押し負けてしまったと語る。

実は、この問題にはきちんとヒントがある。冒頭の「早押し問題です」だ。『99人の壁』では、イントロクイズを出題するとき「早押しイントロクイズです」と断ってから出題する。「早押し問題です」で始まったからには、イントロクイズではないのだった。

次回の『99人の壁』は6月22日放送。予告ではゲストの高橋英樹が早押しボタンを前に「CMでは得意なんですけどね」と嘆き、佐藤二朗が「越後製菓!」と叫んでました。越後製菓が答えになるクイズが出ないか楽しみです。

『超逆境クイズバトル!! 99人の壁 市川猿之助が超絶知識で参戦!2時間SP』(2019年6月8日放送:フジテレビ系列)

【解説】伊集院光、長嶋一茂、池田美優(みちょぱ)
【SPワンマッチゲスト】市川猿之助「仏像」、キャイ~ン「松田聖子」、Mr.シャチホコ&みはる「Mr.Children」
【壁参加ゲスト】コカドケンタロウ(ロッチ)「ジーンズ」、グローバー「サザンオールスターズ」、ゆりやんレトリィバァ「R-1ぐらんぷり」
【オンエアされた壁ジャンル】「絶滅動物」「日本の紙幣」「略語」「ポケットモンスター」「少女マンガ」

【ライタープロフィール】
井上マサキ
路線図マニアでテレビっ子のライター。『99人の壁』でグランドスラム達成(ジャンル「路線図」)。著書に『たのしい路線図』。宮城県出身。二児の父。

Return Top