Subscribe / Share

Toggle

column

『東大王』難問オセロで粘る伊藤七海、MC席に目を合わせないジャスコ林

東大王『東大王』 公式twitterアカウント(@toudaiou_tbs)より

2月10日放送の『東大王』は、民放各局のOB・OG&現役TBSアナウンサーによる、アナウンサー軍団が襲来。東大王チームは砂川&猪俣が学業のため欠席のなか、6連勝を飾ることができるか?

関連記事:『東大王』鶴崎&鈴木が不在!勝負をかける水上と援護する候補生たち

大量得点か0点かの駆け引き「ランキングエックス」

1stステージは新ステージ「ランキングエックス」。出題されるのは、1位〜10位までのランキング問題。正解の場合、ランキングの順位がそのまま得点として加算されるが、最後の解答者のみ得点がかけ算されるというルール。勝敗は3回戦の合計ポイントで決まり、解答者は東大王チームは3人、アナウンサー軍団は4人というハンデマッチだ。

1回戦「駅の数が多い都道府県」では、アナウンサー軍団が4位、5位、8位を当て、最後の国山ハセンが7位を的中。(4+5+8)×7で119ポイントを獲得。対する東大王チームは伊藤七海が9位:長野県、鈴木光が10位:広島県を正解するファインプレー!

最後のジャスコ林は6位を当てたいプレッシャーから、思わず「6位!」と叫んでしまうが、コールした北海道は2位。(9+10)×2で38ポイントとなり、アナウンサー軍団に大量リードを許してしまう(ちなみに6位は神奈川県)。

このルール、最後の「Xアンサー」で10位を当てれば得点が10倍になるのだが、その逆の怖さもある。2回戦では最後の山中秀樹がランキング圏外を指定し、獲得点数は0点。さらに「Xアンサー」なので、0をかけたトータルの点数が0点に……! ギリギリを攻めるか、安全圏に落ち着かせるかの駆け引きも試されるステージだ。

3回戦「アーティスト歴代売上」では、ジャスコ林が「ちょっと攻める」と9位:GLAYを的中。続く伊藤が6位:ドリカムを当て、最後の鶴崎修功にパスを渡す……が、芸能が苦手な鶴崎は「わからなすぎ問題よ」とポツリ。それでも6位:浜崎あゆみを正解するが、合計得点が上回ったアナウンサー軍団がこのステージ勝利となった。

関連記事:『東大王』新クイズ「熟語陣取り合戦」登場!伊沢VS鶴崎の早押しも

難問オセロが「ver2.0」になって再登場!

2ndステージは約4ヶ月の「難問オセロ」……だが、四隅の漢字が筆記問題となった「難問オセロ Ver2.0」として登場。難読漢字の読み書き、双方の実力が試される。

両チームが四隅を怖がりつつオセロを進めるなか、最初に隅に飛び込んだのは東大王チーム紀野紗良。オープンした32番「ふさわしい」は、紀野、ジャスコ林の2人を不正解にしてしまう。続く鈴木光が「相応しい」で負の連鎖を止めるが、その後13番「率う」で不正解になり失格。大将の鶴崎も角の27番「どなた」で倒れ、東大王チームは伊藤ただ1人になってしまった。

しかし、ここから七海が粘る。「何方(どなた)」で鶴崎のかたきを討ち、残りは8マス。アナウンサー軍団の3人が29番「延く」を「しばらく」と答えてしまうハプニングを尻目に、5番「老成る(ませる)」、8番「戦く(おののく)」を正解して相手をパスに追い込んだ。

その後も21番「冊てる(たてる)」、7番「礼う(うやまう)」と、気づけば9連続で正解を重ね、最終的に東大王チームが勝利! たった1人でギリギリのピンチを救った。


関連記事:『東大王』ロザン宇治原率いる京大軍団襲来! 問題を聞き逃す大将たち

円グラフ問題で両チームパニック……!

ファイナルステージは5問先取の「全員一斉早押しバトル」。1問目のひらめき問題では出題と同時に紀野にランプが点き、満面の笑顔。「判°明°」を「ハンドメイド」と読み、先制点を奪う。

2問目「何を表しているか?」では、「ウェールズ→スプーン」「ドイツ→豚グッズ」「イタリア→バラ」というヒントで岡本沙紀が「バレンタインデーに贈る物」を正解。「全然わからなかった」というが、贈り物っぽさがあったこと、クリスマスなら風習を知ってるはず……という推測でたどり着いた。ちなみに放送日(2月10日)の時期もヒントと言えるだろう。

3問目を鈴木光が、5問目を鶴崎が正解し、早くも東大王チームがリーチ。6問目は「何を表した円グラフか」。円グラフが徐々に完成するなか鈴木光が「政党の支持率」、国山ハセンが「新型コロナウイルスの感染者の年代別の数」と答えるが、両者不正解。

問題は続行し、赤、オレンジ、灰色、青の4色に分かれた円グラフが完成したところで、ジャスコ林が押した。ここで決めるか……という場面でコールしたのは「電車の色」。MC山里亮太が思わず「え?」とつぶやき、隣りの鈴木光がフフ……と笑う。ざっくりした解答はもちろん不正解で、MC席に目を合わせないようにするジャスコ。

ちなみに正解は「携帯電話の契約数の数」。赤=docomo、オレンジ=au、灰色=ソフトバンクと、円グラフの色がヒントになっていたのだった。

ポイント4-1のまま、7問目は回文問題。お茶を入れる女性の写真に「よ?????よ」という問題で、ランプがついたのは岡本。「よくきがきくよ」とコールした瞬間に、鶴崎が「それだ〜」とささやく。早押し2ポイント目の正解を奪い、東大王チームを6連勝に導いた。

なお番組内ではイベントの告知もあった。3月29日、30日に「東大王 春のファン祭り2021−鈴木光&ジャスコ林 最後の日LIVE—」が開催されるそう。昨年は水上颯の卒業イベントが新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になってしまっただけに、今回は無事に開催されますように……!

『東大王』(2021年2月10日放送)
司会:ヒロミ、山里亮太
東大王チーム:鶴崎修功、鈴木光、林輝幸、紀野紗良、岡本沙紀、伊藤七海
アナウンサー軍団:雨宮萌果、安東弘樹、神田愛花、富永美樹、中田有紀、馬場典子、山中秀樹、国山ハセン(TBSアナウンサー)、宇内梨沙(TBSアナウンサー)、篠原梨菜(TBSアナウンサー)、若林有子(TBSアナウンサー)、野村彩也子(TBSアナウンサー)

【ライタープロフィール】

井上マサキ
路線図マニアでテレビっ子のライター。『99人の壁』でグランドスラム達成(ジャンル「路線図」)。著書に『たのしい路線図』。宮城県出身。二児の父。

Return Top