Subscribe / Share

Toggle

column

『Qさま!!』にQuizKnockが初登場!インテリ坂道軍、Qさま!!軍との三つ巴でファインプレー続出

『Qさま!!』にQuizKnockが初登場!インテリ坂道軍、Qさま!!軍との三つ巴でファインプレー続出

『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』公式twitter(@tvasahi_qsama)より

「はいどうも!QuizKnock編集長の伊沢です!」「山本です」「川上です」「福良です」「こうちゃんです」「ナイスガイの須貝です!!」

ついにQuizKnockが『Qさま!!』に参戦! 8月19日放送の『Qさま!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系列)は、伊沢拓司率いる「QuizKnock軍」、宇治原史規率いる「Qさま!!正規軍」、乃木坂46・欅坂46・日向坂46のメンバーをカズレーザーが率いる「インテリ坂道軍」の三つ巴対決。マスドリルに新クイズも登場した。

予選:パーフェクトなQuizKnock軍と「にんでマン良純」

序盤は「漢字ケシマス」「助けマス」と、略語の正式名称を答える新クイズ「戻しマス」。初の『Qさま!!』参戦となるQuizKnock軍だが、対策は万全。「漢字ケシマス」では、トップバッターの須貝が時間をかけてじっくりと全体を眺め、メンバー全員がマスを取る道筋をイメージし、確実に全消しする。

インテリ坂道軍も食らいついた。「戻しマス」では、キャプテンのカズレーザーが「特保」を「特定保険用食品」とするが不正解に。答えを見失ったカズレーザーを、山崎怜奈(乃木坂46)が「特定保健用食品」とフォロー。Qさま!!正規軍も順調に正解を重ね、番組開始から1時間経過しても全チームがパーフェクトを継続するという、ハイレベルな戦いが続く。

最初に均衡が崩れたのは「難問漢字ケシマス」でのこと。インテル坂道軍の元乃木坂46・齊藤ちはるアナが、「円舞曲」の「円」を「まどか」で消してしまう。ここは「円舞曲」を「ワルツ」で消すか、「円舞(えんぶ)」「曲(きょく)」で消さねばならなかった。

続く「英語ケシマス」では、Qさま!!正規軍の石原良純が捕まった。残ったマスから「マからはじまる英単語」が導けない。苦し切れに「にん」を「マン」とするも不正解。

正解は「やま(マウンテン)」「きかい(マシーン)」「にんぎょ(マーメイド)」「じしゃく(マグネット)」の順なのだが、この場面で消せるのは「やま」のみなので、これに気づかない限り突破できない。結局80秒を消費して全消しにならず、番組の最後まで「にんでマン良純」とイジられ続けることになった。

QuizKnock軍は最後の「上級助けマス」まで全てパーフェクト。「漢字ケシマス」はオール全消し、「助けマス」では助けマスを一枚も使わなかった。さまぁ~ず三村の「(メンバーに)穴いないのよ!」という驚きに、「そういうチームなんです!」と笑顔で応える伊沢。QuizKnock軍とQさま!!正規軍の2チームが決勝に進出する。

決勝戦:白熱のシーソーゲーム「読み上げマス」

決勝戦は新クイズ「30マスを読み上げマス」。1対1の早押しクイズ対決なのだが、問題文は全て30文字。正解すると残りの文字数×10点を相手の得点を減らすことができる。相手の得点を0点にしたチームの勝ちだ。

ここまで両チームの持ち点は、Qさま!!正規軍1810点、QuizKnock軍1990点。QuizKnock軍が優勢だが、その差は180点しかない。最初の対決では伊集院が「北里柴三郎を師に持ちガーナで/」の14文字で「野口英世」を当て、すぐに1810対1830と追いついた。

その後、Qさま!!正規軍は3連勝するなど勢いに乗るが、伊沢は「点数はまだまだあるので、自力で行けば勝てると思いますから、いつも通りやります」と落ち着きを崩さない。その言葉通り、宇治原との直接対決を制し、Qさま1470 対 QuizKnock 1210で最初のターンを終える。

順番が最初に戻り2周目。問題ジャンル「国語(文学作品)」で、初戦で伊集院に敗れた須貝が「友を/」から「走れメロス」を当てるスーパープレイ!

その後も両者一歩も譲らず3周目へ。本日3回目の宇治原vs伊沢対決のころには、520対540の大接戦になっていた。出題は地理(建造物)から。「戊辰戦争/」で伊沢が押す。天を仰ぐ宇治原。「五稜郭」で決め、点数は260対540。ついに300点=30文字の射程圏内に入った。

しかし、Qさま!!正規軍も意地を見せる。4周目。伊集院が「流刑地や金山で知られ/」で「佐渡島」を取り、弘中アナは「浪費癖で/」で「マリー・アントワネット」を当てる勝負強さを発揮。一気に形成が逆転し、260対80。QuizKnock軍が大ピンチに。

続く対決は石原良純vsふくらP。これまでの3戦は石原良純が全勝。出題は理科(用語)。「写真や通信に利用される可視光線より/」でふくらPが「赤外線」を正解!残り13文字のダメージを相手に与え、130対80に。

共にギリギリの戦い。次の岩永徹也vs川上も、これまで岩永の全勝。出題は国語(文学作品)。「江戸を発ち奥州を/」で川上が押した……! 「奥の細道」をコールし、正解音と共に、ハイタッチでもみくちゃになるQuizKnock軍。

ふくらPも川上も、0勝3敗をはねのけての勝利。「確率論的には我々が勝っていた」という伊沢のコメントに、「みんな震えてたよね?」とツッコむ伊集院。『Qさま!!』という大舞台、クライマックスの大勝負での大逆転。震えないわけがないだろう。

300万円チャレンジ:神様が決めた「100秒」

優勝を決めたQuizKnock軍が最後にチャレンジするのは、賞金300万円をかけた「超難問漢字ケシマス」チャレンジ。制限時間は100秒。

トップバッターの須貝で10秒を使ってマスを見極める。須貝は「付箋(ふせん)」を消したのだが、正規ルートは「属」と組み合わせた「付属(ふぞく)」「箋(てがみ)」だった。「付箋」を消すことで「属」が残ってしまったが、伊沢が「属(しょく)」で消し去るファインプレー!

しかし時間が足りず、最後に「気軽」を残してタイムアップ。あと3秒あれば……という絶妙の時間設定に、解説席の山崎弘也も「(100秒は)神様が決めてるんですか?」とうなった。

放送後、Twitterのトレンドは「#Qさま」「#QuizKnock」「伊沢さん」「川上さん」「須貝さん」と、QuizKnock関連で埋め尽くされた。確かな実力と勝負強さを見せつけたQuizKnock。また力を合わせて戦う姿を見せてほしい。

『Qさま!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系列:8月19日放送)

【解答者(五十音順)】
<インテリ坂道軍団>
カズレーザー(メイプル超合金)、佐々木久美(日向坂46)、中田花奈(乃木坂46)、原田葵(欅坂46)、山崎怜奈(乃木坂46)、斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー)
【解答者(五十音順)】
<QuizKnock軍団>
伊沢拓司、川上拓朗、須貝駿貴、福良拳、山本祥彰、渡辺航平
<QQさま!!正規軍団>
石原良純、伊集院光、岩永徹也、宇治原史規(ロザン)、天明麻衣子、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

【ライタープロフィール】
井上マサキ
路線図マニアでテレビっ子のライター。『99人の壁』でグランドスラム達成(ジャンル「路線図」)。著書に『たのしい路線図』。宮城県出身。二児の父。

Return Top