Subscribe / Share

Toggle

column

ジャスコこと林輝幸、QuizKnock卒業後はクイズ制作集団・Q星群の代表に!クイズイベントも開催


QuizKnockや『東大王』(2019年4月~2021年3月)のメンバーとして活躍し、「ジャスコ」「ジャスコ林」の愛称で親しまれているクイズプレイヤー・林輝幸。『東大王』出演時からワタナベエンターテインメント所属のタレントとして活動していたが、7月からは新たにクイズ制作集団の代表に就任した。

関連記事:『東大王』QuizKnockとの直接対決!「踊」1文字に込められた「仲間を信じる力」

約2年間の活動を経てQuizKnock卒業を発表

東京大学在学中の2019年4月3日に『東大王』への初出演を果たした林。そこでの第一問「1962年頃に流行した、腰をくねらせて踊るダンスの名前は何でしょう? カタカナ4文字でお答えください。」で、「ジャスコ」と誤答したのがこの愛称の由来である。(正解は「ツイスト」)

そんなジャスコこと林だが、2021年3月に『東大王』を卒業し、2021年7月2日にはQuizKnockからも卒業することが発表された。

同日、YouTubeのQuizKnockチャンネルで公開された動画内では、CEOである伊沢拓司から卒業の理由を問われると、「一番の理由は、自分で挑戦してみたいなというところ」と回答。そして、『東大王』の卒業イベントで「新しいイベント事業を立ち上げたい」と今後の目標を語っていたことを振り返りながら、「行けば楽しめる体験型のクイズイベント」を企画していることを明らかにした。クイズ文化の現状を分析し、「クイズを見て楽しむ人が増えた一方、実際にクイズをプレイできるサービスが足りていない」と語る。

関連記事:『東大王』遂に鈴木光&ジャスコ林が卒業!10連勝をかけた戦いの行方

クイズ制作集団の代表に就任、初イベント開催へ

「イベント事業」の詳細は謎に包まれていたが、QuizKnockを卒業した7月17日、自身のツイッターアカウントにて、初のクイズイベントの開催情報とともに、クイズ制作集団・Q星群の代表に就任したことを告知した。林は今後、Q星群としてイベント事業を展開していくそうだ。

『体験型クイズイベント「林輝幸からの招待状」』と題して行われる初のイベントは、10月2日、3日の2daysで計4公演が開催。4名1チームでの参加申し込み(抽選)が8月23日よりスタートするとのことで、詳細は追って公開される。

林が代表に就任したクイズ制作集団・Q星群は、ほかにQuizKnockライターとしても活動する山上大喜、クイズ作家の佐藤顕司も所属している。
第2弾以降の展開も楽しみにしたい。

なお林は、2021年7月20日20:00からフジテレビ系で放送される『潜在能力テスト』に初参戦予定。パンサー向井リーダーのもと<新星インテリ軍>として、櫻坂46・原田葵や美 少年/ジャニーズJr.・那須雄登らと勝利を目指す。

Return Top