Subscribe / Share

Toggle

QUIZ CHALLENGE

そもそも「指切りげんまん」が意味不明すぎるけど、どういう意味?

そもそも「指切りげんまん」が意味不明すぎるけど、どういう意味?

Photo by Jasmine Wallace Carter from Pexels

関連記事:「今年の漢字」は「令」だけど…過去の「ネガティブ系・漢字」とは?

一日一問クイズにチャレンジして、頭の栄養補給しませんか?

小さい頃、人と約束を交わすときにした「指切りげんまん」。「指切りげんまん嘘ついたら針千本のーます、指切った!」というメロディーにのせて、お互いの小指と小指を絡ませて約束するのが“指切りげんまん”です。そのルーツは江戸時代までさかのぼり、吉原の遊女などが客への変わらぬ愛情を証明するために小指を切り落として相手に贈った「指切り」という風習にあります。ただし、実際には自分の指ではなく模造品や死体の指を買って渡すことが多かったのだとか。やがてこの「指切り」は「必ず約束を守ること」という意味で広まり、現代まで残る風習となりました。では「指切りげんまん」の“げんまん”とは何なのでしょう?
そんな「指切りげんまん」に関するクイズです。
一問一報2020年2月23日のクイズ
指切りげんまんの、“げんまん”の意味は次のどれでしょう?
①漢字で「現魔」と書き、悪魔が取り付くということ 
②漢字で「拳万」と書き、拳でたくさん殴ること 
③漢字で「減万」と書き、お金を万単位で減らすこと 

「げんまん」は漢字で表すことができるのです。


②漢字で「拳万」と書き、拳でたくさん殴ること
“げんまん”とは漢字で「拳万」と書き、約束が破られたら拳で1万回殴る、という怖い意味があります。「指切り」だけでは飽き足らず、のちに付け加えられたとされています。ちなみに「針千本飲ます」に関しても同じく、付け加えられたものだそうです。子供の頃、気軽にしていた「指切りげんまん」ですが、実は約束を破ると「小指を切って」「拳で1万回殴られ」「針を千本飲まされる」という大変なことを誓っているのでした。
Return Top