Subscribe / Share

Toggle

一問一報

有村架純の『ひよっこ』。“愛情のせい”で予定外の変更が…何が変わった?

有村架純の『ひよっこ』。“愛情のせい”で予定外の変更が…何が変わった?

©時事通信フォト

一日一問クイズにチャレンジして、頭の栄養補給しませんか?
2017年に放送された、NHK連続テレビ小説の『ひよっこ』。有村架純演じるヒロイン・みね子の青春を描いた本作の続編が製作されることになりました。この3月、4回にわたって放送される『ひよっこ2』は、最終回から2年後の1970年が舞台。番組のホームページでは、みね子とコックのヒデ(磯村勇斗)との仲睦まじいウエディングドレス姿を見ることができます。今度はどんな物語が展開されるのでしょうか。
それでは、『ひよっこ』に関するクイズです。
一問一報2019年2月26日のクイズ
『ひよっこ』では、放送前の予定と実際の放送で、大きく変わったことがありました。それはどんなことでしょう?
①行方不明の父はもう現れない予定だったが、再登場した 
②ヒロインが故郷に出戻る予定だったが、東京で働き続けた
③10年間を描く予定だったが、4年間で終わった 

製作側では、結果的にそうしてよかったと納得しているそうです。

③10年間を描く予定だったが、4年間で終わった
東京オリンピックが目前に迫った1964年から始まる『ひよっこ』。当初の予定では、そこからの10年間を描くはずでした。脚本家を担当した岡田惠和によれば、早い段階で「10年はいかない」と悟ったそうです。朝ドラといえば、ひとりの長き人生を猛スピードで描く語り口が多いですが、あえて個々のエピソードを愛情深く丁寧につむぐ異例の展開になりました。そこがよかったのでしょう、ヒロインのみならず登場人物それぞれにファンがついて、愛される朝ドラとなったのです。

【次のクイズにチャレンジ!】吉岡里帆が愛読する“健康的じゃない本”とは?

Return Top