Subscribe / Share

Toggle

一問一報

長澤まさみ、演技派への道! キャラづくりの参考にした先輩女優って?

©時事通信フォト

一日一問クイズにチャレンジして、頭の栄養補給しませんか?
今年、立て続けに話題の映画へ出演する長澤まさみ。現在公開中の『マスカレード・ホテル』では木村拓哉と共演しました。4月公開予定の『キングダム』では屈強な女戦士・楊端和に扮します。ドラマの映画化となる『コンフィデンスマンJP』も5月に公開予定。 近年は初期の「清純派」を脱してハジけたキャラを演じる機会も多くなってきました。
そんな、長澤まさみの代表作に関するクイズです。
一問一報2019年1月26日のクイズ
2016年の大河ドラマ『真田丸』でヒロインの一人「きり」を演じた長澤まさみ。この「きり」というキャラクターの性格は、ある女優がモデルになっているそうです。その女優とは誰でしょう?
①野際陽子 
②市原悦子 
③樹木希林 

実際に『真田丸』を見ていた人なら、察することができるかもしれません!

③樹木希林
『真田丸』に登場する「きり」にあたる人物は、資料が少なく、真田信繁の家臣の身内という以外にはよくわかっていないそうです。ですから、脚本を担当した三谷幸喜に創作の余地がありました。演じる長澤まさみ本人にどのような性格づけがよいかたずねたところ、名前が挙がったのが故・樹木希林。若いうちは物言いで反感を買っても、年を重ねると周囲に理解され信頼されるようになる、というイメージでした。実は、名前の「きり」も樹木希林から来ています(このことは、放送時にはおおやけになっていません)。
Return Top