Subscribe / Share

Toggle

QUIZ CHALLENGE

『PPAP』手洗いバージョンが好評のピコ太郎、その曲づくりの秘密とは?

©時事通信フォト

関連記事:元乃木坂46・市來玲奈アナが新秘書となる『行列』、その前身はどんなタイトルだったの?

一日一問クイズにチャレンジして、頭の栄養補給しませんか?

新型コロナウイルスが猛威をふるっている昨今。『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』で世界的な知名度を得たピコ太郎が、ていねいな手の洗い方を紹介する新バージョン『PPAP−2020−』をアップし、またも大反響です。「Wash! Wash!」とアレンジされた動画は、その3割が海外視聴という報道もあります。ちなみに今回は、「Pray for People And Peace」の略という、文字通り「きれいな」オチがついていますよ。
それでは、ピコ太郎についてのクイズです。
一問一報2020年4月30日のクイズ
ヒットソング『PPAP』をよく聴いてみると、音にひずみがかかっていることに気づきます。その理由は何でしょう?
①機材が壊れていたことに気づかなかったため  
②携帯電話で聴かれることを想定しているため
③無断で曲を使われた際にすぐ認知できるため  

「音楽の作り手として優秀」という分析は、ここ数年のメディアでもよく語られています。


②携帯電話で聴かれることを想定しているため
『PPAP』は動画サイトにアップされたもので、スマートフォンなどで聴くことが前提です。専門機器と比べれば、スピーカーの性能がどうしても弱く、音にひずみ(ディストーション)が出るのは避けられません。そこで視聴時にクオリティが落ちないように、あらかじめ聴きやすいディストーションをかけているのだそうです。
Return Top