Subscribe / Share

Toggle

QUIZ CHALLENGE

佐藤健は「ライダー」ゴリ押しでも、ファンがほっとかないヤバイデビュー作とは?

©時事通信フォト

一日一問クイズにチャレンジして、頭の栄養補給しませんか?
8月2日より全国で公開中の『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、ゲームソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を原案にしたフル3DCGアニメーション映画です。主人公・リュカを演じる佐藤健は今作が声優初挑戦で「監督やみなさんの温かい指示のおかげでなんとかできました」と苦労をにじませながらも「(ゲームに)大切な思い出を持っている方こそ見てほしい作品だと確信しています」と力説しました。
ところで、佐藤といえば芸歴19年(デビューは2006年)の中堅として、数々の主演作を飾ってきたイケメン俳優でもあります。その初出演作は所属事務所・アミューズのプロフィールにもあるように、平成仮面ライダーシリーズ第8作『仮面ライダー電王』だと思われがちですが、実は本人も隠したがる伝説のデビュー作があるのですが…。
そんな佐藤健のデビュー作に関するクイズです。
一問一報2019年8月16日のクイズ
「仮面ライダー電王」で一躍有名になった佐藤健ですが、所属事務所の公式プロフィールにも載っていない本当のデビュー作と、その役柄は次のどれでしょう?
①『ロボコン』で演じた童貞ロボットオタク役  
②『プリンセスプリンセスD』で演じた男子校の女装アイドル役 
③『木更津キャッツアイ』で演じたお漏らし癖のあるニート役 

佐藤健本人の思惑とは裏腹に、本作と佐藤の演技を高く評価するファンも多いようです。

②「プリンセスプリンセスD」で演じた男子校の女装アイドル役
数々の主演作品での“モテ男”ぶりからは想像できない、女装&ボーイズラブの役どころが佐藤健の初出演作品『プリンセスプリンセスD』です。名門男子校である私立藤森学園高等部には、生徒たちの潤いとなるべく容姿端麗な生徒を「姫」とし、アイドル的存在を担ってもらう制度があります。何も知らずに転校してきた河野亨(佐藤健)がその美貌から「姫」に選ばれる、というストーリーで、今風に言えば“女装男子”の佐藤健がふりふりのメイド服を着たり、他の男子高校生とキスしたりするボーイズラブ要素のあるドラマでした。ちなみにクラスメートとして斎藤工も出演していました。

【次のクイズにチャレンジ!】電柱? 電信柱? いったい何がどう違う?

Return Top