Subscribe / Share

Toggle

QUIZ CHALLENGE

中世の時代よりチェコの首都プラハの時を刻むのは、どんな時計?

関連記事:世界に2体しかない目があるモアイ像はドコにある?

クイズで旅する世界遺産

チェコの首都プラハは1992年に「プラハ歴史地区」として世界文化遺産に登録されました。中世から残る街並みの美しさから「黄金の街」や「宝石の都市」、「魔法の都市」などと称えられており、観光名所には世界で最も古くて大きい城のひとつであるプラハ城や、2,000冊におよぶ初期木版活字本を所蔵するストラホフ修道院などがあります。

今回は、中欧ヨーロッパの都市プラハに関するクイズです。
クイズで旅する世界遺産
都市のシンボルでもあるプラハ旧市庁舎の南側の壁には、街のシンボルにもなっている時計が設置されています。それはどんな時計でしょう?
①時刻・星の位置・暦を示す天文時計 
②100羽が一斉に動き出す鳩時計 
③夜になると一粒一粒が淡い光を放つ砂時計 


①時刻と星の位置を示す天文時計
カレル橋からブラハの心臓部とも言われる旧市街広場に向かうと、広場に面して市庁舎が建っています。その壁面にはプラハのシンボルである天文時計があります。現存する中世の機械式時計塔の1つで、完成した1410年から今日まで600年以上の時を刻み続けています。天文時計は、2つの文字盤で構成され、それぞれ時刻と星の位置を表すプラネタリウム、一日に1メモリだけ動き一年かけて一周するカレンダリウムと呼ばれています。また、特定の時間ごとにキリストの十二使徒の像が現れる人形仕掛けになっており、一目見ようと多くの人が集まります。
Return Top