QUIZ JAPAN TV QUIZ JAPAN ショッピング

Subscribe / Share

Toggle

REPORT

QUIZ JAPAN SHOPPING

トークライブ「AV男優・しみけんと能町みね子が語る、クイズの奥義」レポート

p_report_20150720a7月11日(土)、東京・お台場のイベントハウス「東京カルチャーカルチャー」にて、トークライブ『AV男優・しみけんと能町みね子が語る、クイズの奥義』が開催された。

今回のトークライブは、しみけん初の著書『AV男優しみけん 光り輝くクズでありたい』の出版記念イベントとして企画されたもの。しかし、しみけんが先ごろ放送された『第四回地下クイズ王決定戦』で悲願の初優勝を果たしたためか、なぜか著書の内容とはあまり関わりのない『地下クイズ』ネタが前面に押し出されることに。しかも、お相手を務めるのは『地下クイズ』好きが高じて、『第4回地下クイズ』では出演者側にまわってしまったエッセイスト・能町みね子さん。

出版記念イベントということもあり、トークライブの序盤は『光り輝くクズでありたい』の内容と絡めた話からスタート。ここでは、しみけんが最近撮影したAVの面白エピソードを紹介。また、書籍の中でも大きくページを割かれている「AV男優あるある」ネタが、しみけん自身の体験談を交えて披露された。なお、こちらの模様に関しては「日刊SPA!」に詳しく紹介されているので、興味を持った方は、こちらをチェック!
p_report_20150720bAV話が済んだあとは、いよいよクイズファンお待ちかねの『地下クイズ』談義に。
まずは過去の『地下クイズ』で、しみけんが実際に超絶ポイントで正解した問題文を見ながら、「なぜ、この問題をここで押すことが出来たのか?」について自ら解説をしていくという企画。

「Q.2008年に元巨人軍・二岡智宏と/…」
(A.ホテルウエスト)

という問題の解説では、超絶ポイントで答えられた理由を説明するだけでなく、日々愛用している同ホテルのポイントカードを客席に披露するなど、ところどころに小ネタを交えながら「しみけんは『地下クイズ』の本番中、どのような心構えで問題に挑んでいるのか?」との心構えが明かされた。

p_report_20150720c続いてはしみけんが日頃から行っているという、『地下クイズ』対策やクイズ勉強法を披露。ここでは、しみけんが気になったことをメモしているという「地下クイズノート」が公開されたり、『地下クイズ』の収録前に対策問題を作ってくれるブレーン・T氏のエピソードが紹介されるなど、しみけんの『地下クイズ』対策が明らかにされた。しみけん曰く

「地下クイズでは“奇声を発する”“全裸になる”“洗脳される”がよく出題されるので、この3つをニュースで見かけたら絶対にチェックする」

ということなので、『地下クイズ』出場を目指す方は、ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか?

最後は、本日の登壇者2人が、お互いに作ってきた地下クイズを出題しあったり、観客に作ってもらった地下クイズに答えるという、ガチな(?)クイズのコーナー。ここでは

「Q.指を詰めることを“エンコ詰め”といいますが、このエンコとは何のこと?」
「Q.号泣会見でおなじみの野々村竜太郎議員が、“やっと議員になったんです!”とキレた相手である記者の名前は」
「Q.三社祭でドローンを飛ばそうとして逮捕された少年が、ホームページで販売していたものは“手作りのミサンガ”と何?」
「Q.イスラム国に加わろうとしていた北海道大の学生が、求人広告を見た書店の名前は?」
「Q.テレンス・リーが慶大生に“芸能人にしてやるから”迫った際、信頼を得るために会わせたバンドは?」
「Q.2007年の大相撲・秋場所で女性が土俵に上がろうとするアクシデントがありましたが、その女性が持っていたビラに書かれていたのは“誰は悪霊に取り憑かれてている”?」

といった、いかにも本番の『地下クイズ』で出題されそうな問題が次々と出題されたが、中でも能町さんの問題に対する評価が高かったようだ。実際、客席にいた放送作家・矢野了平氏も「能町さんの問題作りのセンスは凄い!」と大絶賛だった。
p_report_20150720d……といった感じで、イベントの大半がクイズの話題で占めらた今回のイベント。おそらく普段のイベントとは内容がまったく違うだけに、しみけんファンの女性の反応が気になるところだったが、彼女たちによると「いつもと違う一面が見れて良かった」と、おおむね好評だったようだ。一方のクイズ勢にとっても、予想以上にクイズ濃度の濃いイベントで、十分に堪能できるものであっといえるのではないだろうか。

ちなみに「QUIZ JAPAN」的には

「『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦』で、百夜通いのエピソードから深草少将を答えた布川さんのカッコよさに憧れた」
「『ウルトラクイズ』で能勢さんが「石原慎太郎さん」と答えたのを見ていらい、人の名前を答えるときは“さん”付けするようになった」

といった発言や、客席にいらしていた瀬間康仁さん(『第12回ウルトラクイズ』優勝者)らに記念撮影をねだる姿から、トップAV男優・しみけんの中に眠るピュアなクイズファンの一面を垣間見ることができたのが印象的だった。

(クイズの答え:サル(猿公)/佐藤記者/消しゴムはんこ/星雲堂 秋葉PX/ポカスカジャン/福山雅治)

Return Top