Subscribe / Share

Toggle

INTERVIEW

4月13日(土)の『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』に俳優・安田顕が参戦!

“1人VS 99人”という前代未聞の構成の早押しクイズ対決と、俳優・佐藤二朗さんの個性あふれる司会ぶりで話題沸騰の『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』。4月13日(土)19時からの2時間スペシャルには、スペシャルワンマッチゲストとして俳優・安田顕さんが初参戦します。安田さんが“AIさん”の声を担当する『じゃじゃじゃじゃ~ン!』(同日早朝4時52分~5時22分OA)には佐藤さんがゲスト出演するということで、囲み取材が行われました。その模様をお届けします。



――収録を終えての感想をお願いします。
安田 すごく不思議な感覚でした。俳優の先輩としていろんな作品で共演させていただいて、ご一緒している期間も長いんですが、二朗さんがゴールデンで司会をなさっている番組に自分が参加しているというこの状況が、嬉しくて不思議でした。
佐藤 僕も居酒屋で飲んだくれていた人と土曜日のこの時間帯に二人で喋っているのは不思議な感じがしましたね。俳優の現場ではあまりお会いする機会がない人に会えて、そういう意味では刺激があるんですが、やっぱり同業の人、しかも仲のいい安田さんが来るっていうことを聞いて、嬉しかったですしほっとしました。
――安田さんはクイズ番組に出られるのは初めてですか?
安田 『オールスター感謝祭』と『超問クイズ!真実か?ウソか?』に出演させていただいたことがあります。
――普段クイズ番組はご覧になるんですか?
安田 あまり見ないですね。見たとしてもほとんど答えられないです。
――「ビートルズ」というジャンルで挑戦されたそうですが、佐藤さんから見て、安田さんがクイズに答えている姿はどうでしたか?
佐藤 「あんまり早く不正解になると盛り下がっちゃうから」というプレッシャーを感じてくれていたみたいなんですが、僕は正直「そんなにいかないだろうな」と思っていました。でも大健闘していたので、ちょっとかっこよく見えましたね。
安田 やっぱり自分の好きなことについて問題が出るって楽しいですね。ビートルズが好きという人は世界中にたくさんいますが、範囲が狭くなるとクラスに一人いるかいないかなんですよ。だから、ビートルズのクイズで盛り上がれる場所はそうそうないんです。
――出演に向けて予習や対策はされたんでしょうか?
安田 空き時間でちょっと勉強しようかなと思ったんですが、全然頭に入ってこなかったから「まあいっか」と思って。
佐藤 つまりやっていないと(笑)。でも、安田さんみたいにクイズ番組をあまり見ない人でも、一つジャンルを決めて挑戦できるっていうのがこの番組の特徴なんですよね。

――安田さん的には、芸能界の中で自分はどのぐらいビートルズに詳しいとか、そういう自負はあったんですか?
安田 末端ですね。マニアはすごいですから。まったく及ばないです。ただ、こういうクイズ番組出させてもらったときに、自分が勝負できるとしたらこれしかないなっていう。
佐藤 「安田顕」っていうジャンルでもいいじゃないですか。それはそれで見たいですけどね。
安田 視聴者の方に楽しんでもらいたいという気持ちもありましたから。逆に、二朗さんがチャレンジャーとして『99人の壁』に出演するなら、どんなジャンルで勝負しますか?
佐藤 「うちの嫁」って言いたいよ。でも、それはだめって言われたんで……。難しいところですね。
安田 松田優作さんとか。
佐藤 松田優作さんも大好きだけど、確かに「もっと自分より詳しいが人いるだろうな」って思っちゃうね。
安田 そうなんですよ。でもこの番組は楽しいですから。そこから派生するジャンルもいっぱいありますよ。
佐藤 『野獣死すべし』なんて僕もう38回ぐらい見たからね。そういう意味では、『幸福の黄色いハンカチ』っていう映画のジャンルでいってもいいんじゃないですか。台詞を覚えてるぐらい何回も見ています。何回見ても泣けるんですよ。
安田 あ、あのシーンですよね。さあここで問題です。あのとき乗っていた車の車種は何でしょう?
佐藤 ピンポーン! 赤のファミリア。
安田 はい、正解!

――今回は佐藤さんも、安田さんが“AIさん”の声を務める『じゃじゃじゃじゃ~ン』にゲスト出演されますが。
佐藤 どちらの番組も子供がかわいいですよね。じゃじゃじゃくんと、じゃ~ンちゃん、かわいかったですね。
安田 『99人の壁』の少年たちは、お金ではなくて「自分の知識を試したい」「夢中になっているもので勝ち上がりたい」っていう無欲さがありますね。
佐藤 もちろんお金はもらえますが、それよりも、愛しているがゆえに努力しなくても深くなっている知識を放出したい、みたいな気持ちがあるんじゃないですかね。
安田 海外に番販したら売れそうですよね。面白いですもん。99人が立ったとき、本当に「壁」ですよ。圧迫感があるというか。セットも豪華でしたし、二朗さんの楽屋にいらっしゃるお偉いさんの数ったらないなと。こちらは全編グリーンバックで出演者も多くて4人とかですから、ほそぼそとやっているんですが、「面白いものを作ろうじゃないか」っていうチャレンジ精神は共通していると思います。
――最後に番組をご覧になる視聴者へのメッセージをお願いします。
安田 『じゃじゃじゃじゃ~ン!』は毎週土曜日朝4時52分から放送しております。じわっとくるシュールな面白いコーナーが盛りだくさんですし、子供番組ですので安心して見られると思います。興味があったら見てやってください。
佐藤 今回は盟友といいますか、非常に仲がいい俳優の安田さんが来たということで、嬉しく楽しくやりました。安田さんの貴重なクイズ番組参加の健闘ぶりもぜひ楽しみにしてください。

(C)フジテレビ

Return Top