Subscribe / Share

Toggle

QUIZ CHALLENGE

屋久島の巨樹・屋久杉の中でも最も大きい木の風格ある名前とは?

関連記事:コミック10巻発売記念! クイズ漫画の金字塔『ナナマル サンバツ』がTシャツ化!

クイズで旅する世界遺産

屋久島は、鹿児島県本土から南へ約65km離れた東シナ海に浮かぶ島です。多くの固有種、特異な生態系、優れた自然景観を有していることから、1993年に白神山地とともに日本で初めて世界自然遺産に登録され、手つかずの自然を求めて年間約30万人の観光客が訪れます。

 

屋久島は島の90%が森林に覆われており、中でも巨大なスギは島のシンボルです。スギは一般におよそ500年が平均的な寿命といわれていますが、ここでは樹齢2000年以上を超えた巨木を幾つも見ることができます。そのため屋久島では、樹齢1000年を超えるスギを「屋久杉」、樹齢1000年未満のまだ若いものを「小杉」と呼んでいます。

今回は、屋久島のスギに関するクイズです。
クイズで旅する世界遺産
これを見に行くツアーも人気である、屋久島最大の屋久杉のことを一般に何と呼ぶでしょう?
①縄文杉 
②弥生杉 
③大和杉 


①縄文杉

1966年に発見された屋久島最大の大きさを誇るスギは縄文杉と呼ばれています。その大きさは、樹高25.3m、幹周長16.4mであり、樹齢は2000~7200年と推定されています。まさに、縄文時代から生き続けている木ですね。他にも、樹齢1000年を超える巨木が何本も見つかっており、有名なものに弥生杉や大和杉があります。弥生杉を巡るコースでは、映画『もののけ姫』の森のイメージとなった白谷雲水峡を訪れることができ、こちらもとても人気があります。

Return Top