QUIZ JAPAN TV QUIZ JAPAN ショッピング

Subscribe / Share

Toggle

一問一報

新紙幣のモデルになるアノ人は”血洗島”出身!? …誰?

新紙幣のモデルになるアノ人は”血洗島”出身!? …誰?
一日一問クイズにチャレンジして、頭の栄養補給しませんか?
4月9日、お札のデザインが新しくなることが、麻生太郎財務相により発表されました。紙幣のデザイン変更は2004年以来、20年ぶりとなります。ちなみに2021年度には500円硬貨も刷新されます。新紙幣の“お札の顔”には、明治以降の文化人から選ばれたといい、「精巧な写真が入手できる人物、品格のある顔がふさわしく、国民各層に広く親しまれていて、学校の教科書に載っているなど広く認められている」人物を対象に選考したそうです。
そんな新紙幣のモデルになった人物に関するクイズです。
一問一報2019年4月29日のクイズ
新紙幣のモデルになった人物のうち「血洗島」という不気味な名前の村出身の人物は誰でしょう?
①千円札の北里柴三郎 
②五千円札の津田梅子 
③一万円札の渋沢栄一 

新紙幣の登場は5年後の2024年度の予定です。

③一万円札の渋沢栄一
渋沢栄一の出身地は武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)です。
ちょっと怖い雰囲気のある“血洗島”の由来は諸説あり、太古より繰り返されて来た利根川の氾濫により「土地が常に洗われる」との意味から“チアライジマ”となったのだというものや、「土地が荒れる」との意味から“チアレジマ”、それが転じて“チアライジマ”となったとするもの、この2つの説が代表的なもののようです。
Return Top