QUIZ JAPAN TV QUIZ JAPAN ショッピング

Subscribe / Share

Toggle

NEWS

俳優・佐藤二朗も狂気乱舞!!『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』10月よりゴールデンタイム・レギュラー化決定!

俳優・佐藤二朗も狂気乱舞!!『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』10月よりゴールデンタイム・レギュラー化決定!

昨年の大みそか、今年の4月に特別番組として放送され、一部のテレビマニアやクイズフリークたちの話題をさらった早押しクイズ番組『99人の壁』。 本日8月15日(水)午後7時より放送の第3弾『超逆境クイズバトル!! 99人の壁 夏の大花火』を控え、ついに今秋10月からはゴールデン帯でのレギュラー放送が決定!! 以下、フジテレビから届いたリリースを紹介しよう。

つい先日、その知らせを聞いた佐藤二朗さんは驚きを隠せない様子で「レギュラー化は本当何も考えてなかったですね」とコメント。『99人の壁』はフジテレビ入社三年目の千葉悠矢ディレクターがコンペを勝ち抜いて決まった異色の新感覚クイズ番組。“新人の総合演出×新人MC・佐藤二朗”というフレッシュな組み合わせに対し、佐藤さんは「新参者と新参者で大丈夫? フジテレビはどうしたの? フジテレビはなんでこんなこと許したの? だから今も動揺しております。動揺してるんだよ千葉!」と未だに信じられないそう。「でも、お母さんにはもう“レギュラー化決定した”と言ってしまいました。本当はまだ言っちゃいけなかったんですが、母親には電話でつい…(笑)。俺、結構浮かれているのかな? 母親も80歳なんで早めに言おうと思って」と喜びを隠せない様子。

早押しクイズ番組『99人の壁』は、100人の一般公募の参加者の中から選ばれた1名のチャレンジャーが、ブロッカーとなった残りの99人の参加者を相手に早押しで対決するクイズバトル。チャレンジャーが5問連続で正解すれば賞金100 万円をゲットできますが、1問目は25人のブロッカー、2問目は50人と増えていき、最終的には99人がブロッカーとなった“99人の壁”を乗り越えなければなりません。当然人数で圧倒的に不利なチャレンジャーに与えられた唯一のアドバンテージは、自分の“得意ジャンル”を指定してクイズに挑戦できること。“将棋”、“刀” 、“イントロ”、 “カーリング”などジャンルは何でもOK! 自分のためだけに作られたクイズで100万円獲得を狙うことができるのです。

今夜放送のスペシャルでは、前回までの一問一答形式の早押しクイズに加え、新たな早押しクイズ企画を用意。3枚の画像から答えを連想する“写真連想クイズ”や、答えが9つある問題に対してチャレンジャーとブロッカーが交互で早押し解答する“穴埋めクイズ”など、クイズのバリエーションがより豊富になりました。さらに、2時間放送の今回は二部構成でお届け。参加者100人の個性あふれるジャンルで対決する≪無差別級≫に加え、平成最後の年にちなんで、“安室奈美恵”や“イチロー”など“平成時代に活躍した日本人”に詳しい100人を集めた早押しクイズバトル≪平成の日本人編≫も開催します。第2回大会にて“ガトーショコラ”の早押しクイズで5問連続正解を達成し、賞金100万円を手に入れたX JAPANのToshlさんは“モンブラン”で連覇を狙います! 一方、第2回大会に一般公募で参加した能町みね子さんは“難読駅名”でリベンジ。さらに、バトルの様子を長嶋一茂さんとYOUさんが解説します。
この秋スタートする『99人の壁』は、1人 VS 99人という“超逆境”が見所の新感覚の早押しクイズバトル! レギュラー化でますますパワーアップする当番組にどうぞご期待下さい。

<コメント>
演出・千葉悠矢コメント(フジテレビ第二制作室)
●番組の企画意図・みどころ
「1人の人間が大勢に囲まれる“四面楚歌”の雰囲気を作りたいと思ったのが企画のきっかけです。それを早押しクイズバトルに落とし込んで今の形になりました。元々格闘技の番組に関わらせて頂いていたこともあって、格闘技等のスポーツ特有の先が全く読めない感覚や、思わず魂が震えるような瞬間をバラエティでも作り出したいと思っているので、99人の壁でも“ガチンコ感”や“生々しさ”みたいなものは大切にしています(もちろん全然まだまだですが!)。参加者の方々の熱気があれだけむき出しになっている視聴者参加型クイズ番組は今の時代あまり多くなさそうなので、そこがこの番組の強みになってくれたらいいなと思います。あの空気感は参加してくださる人がいてこそのものなので、番組に応募してくださる方々にはとにかく感謝です」

●佐藤二朗さんの起用理由
「新企画ということもあって、せっかくならMCもこの番組がバラエティ初MCになる方がいいなと思って佐藤二朗さんにオファーさせていただきました。あのセットの真ん中に佐藤二朗さんが入場して来たらワクワクするなぁと思ったのが一番の理由です。佐藤さんがどんなふうに振る舞うのか、何を言うのか、そのへんは当初から全く想像がついてなかったので、それが逆にドキドキして楽しかったです。それはもちろん今もそうで、100人の参加者と二朗さんの絡みはいつも想像つかないことが起こるので、ワクワクしながら見させてもらっています。二朗さんがMCじゃなかったら間違いなく全然違う番組になっていたと思いますので、本当に感謝しています」

●レギュラー化にあたってのポイント
「これまで出場された方々を見ても分かる通り、年齢や性別関係なく参加できる番組なので、“特にこの世代の人たちに向けて”とかはあまり思わないです。月並みな言葉ですが老若男女問わず楽しんでいただければと思っています。特に、この番組では見たことも聞いたこともないクイズが飛び交うので“試しにちょっと解いてみるか”ってくらいの気持ちでテレビの前から参加してもらえると嬉しいです」

●15日のスペシャルのみどころ
「大晦日、春の乱に続いてやっぱり参加者が100人もいると何かしら奇跡は起きるんだなと改めて驚きました。今回もワっと興奮する瞬間が沢山あって、そこが何より見どころだと思っています。また、今回は参加者皆さんの知識のレベルが高すぎて、クイズ番組では見たことないような光景?ハプニング?が勃発しました。個人的には収録中、ある意味一番ドキドキした瞬間だったのであの現場の異様な空気が放送でも伝わったらいいなと思います」

番組概要
≪タイトル≫
『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』

≪放送≫
2018年10月スタート

≪MC≫
佐藤二朗

≪スタッフ≫
制作統括:濱野貴敏
チーフプロデューサー:木月洋介
演出:千葉悠矢
制作著作:フジテレビ

Return Top